SSブログ

家を建てるときは2D図面から3Dを起こしたんだけど [STRATA]

自分自身がメカ屋で業務で3D-CADを使っていたので
自宅でもってことでShadeを購入した。

でも、いくら練習してもなじめなくて挫折し、
次に購入した物が、Strara Vision 3D。

そして、2000年記念に家を建てた。
いや、狙って2000年じゃなくてそろそろ建てようかって
なったのがたまたま2000年だっただけ。

家を建てるってなると、Staraを使いたくなって
建築士さんと相談していろいろ決めながら出力物として
2DのDXFデータをもらった。

当然、家の外観だけのデータなので内装というか
コンセント位置やスイッチ位置などは僕が図面を描いて
工務店に提出して細かい事を決めた。
そう、工務店と相談ではなくて仕様書的な図面で
位置を指示したので強制ですね。(^_^)



そして、建築士さんからもらった2DのDXFデータを
Strataに取り込んで3D化する作業を経て3D画像ができた。

今度は、そのモデルの外壁テクスチャをいろいろ変更して
現物を家族で想像してサイディングを決めた。

玄関灯なども明かりをつけたときの影のできかたを
確認して取り付け位置を決めたりしてた。

でもね、その時のデータが
もう見当たらない。
どこに行ったんだろう。

せっかくのデータなんだけどね。
ちょいと悲しい。

残ってるのはこの画像ぐらいなんだよね。

house.jpg

現物もほぼ同じです。一部変更したけど。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。